ヘアカラー、パーマが頭皮に与える影響

現代人の多くが自分の髪の毛にヘアカラーやパーマを施しています。
しかし、ヘアカラーやパーマのせいで毛髪に悪影響をもたらすようなことにならないのか気になりませんか?
ヘアカラーやパーマと薄毛の関係性について調べてみました。
ヘアカラーの場合、毛髪の表面はもとより、毛髪の内部にまで染料が入り込んでいきます。
そのため、毛髪を形成するタンパク質の結合力を低下させる要因となるため、毛髪が切れやすくなったり裂けやすくなったりします。
また、液剤に対して頭皮にアレルギー反応を起こす場合もありますので、使用前は必ずパッチテスト行うことをオススメします。
パーマについては、パーマ液の影響でキューティクルが剥がれ落ちてしまうため、毛髪にダメージを与えてしまいます。
特に女性は毛髪が細い傾向にあるため、パーマ液から受けるダメージは相当なものでしょう。
おしゃれの為にはヘアカラーもパーマも必要なのかもしれませんが、将来の自分の毛髪のことを考えると、あまりオススメできるものではありません。
日頃から、ヘアケアをしっかり行い、毛髪へのダメージを回復するように努めましょう。
30代 育毛剤